【SEO】キーワードの設定方法・見つけ方

SEO(google,yahoo,bing)

SEOを意識したページに設定するキーワード、迷いますよね。Google(グーグル)やYahoo!(ヤフー)、Bing(ビング)などの検索サイトの利用者にページを見つけてもらう為には、キーワード選定は必須です。
今回は、キーワードの設定方法から見つけ方までまとめたいと思います。
※このページの内容は随時更新しています。

目次

  • 目的に合わせたキーワードを設定
  • 利用者が入力するキーワードを設定
  • 利用者が入力するキーワードを知る
  • サジェスト(オートコンプリート)とは?

目的に合わせたキーワードを設定

検索サイトの利用者は、必ず何かしら探している状態です。では、検索サイトを使って探す「目的」とは何でしょうか?その「目的」に合わせたコンテンツを作成し、キーワードを設定することで、より検索結果に表示されやすくなるでしょう。

例えば、映画に関して探している利用者がいるとします。そうすると、予想できる目的は、

  • 観る映画の情報が欲しい
  • 映画を観る場所を調べたい
  • 観る映画のグッズが欲しい

というようにいくつか挙げられます。

SEOを意識してページを作成する際は、利用者のどのような目的に応える内容を掲載するか。また、そのページに適したキーワードは何なのか注意して選定する必要があります。

利用者が入力するキーワードを設定

キーワードを設定する際の注意事項として、まず挙げられるのは、検索サイトの利用者が検索時に入力するキーワードを設定する。ということです。

関係者内でしか使わない業界用語や専門用語を設定しても、利用者が知らない、または普段使わないワードでは、検索時に入力することは少ないでしょう。

検索サイトの利用者がどのようなキーワードを入力しているのかを知ることは、コンテンツを作成する上でも、とても重要です。

利用者が入力するキーワードを知る

では、検索時に入力されているキーワードを知る方法はあるのでしょうか?

あります!

検索数が多いキーワード、キーワードの組み合わせを知る方法として、「サジェスト(オートコンプリート)」と「キーワードプランナー」をご紹介します。

サジェスト(オートコンプリート)とは?

サジェスト(オートコンプリート)とは、検索サイトの検索窓にキーワードを入力した際、自動的に関連ワードを表示してくれる機能です。下図はgoogle、Yahoo!、Bingで「映画」と入力した際の表示例です。

サジェスト、オートコンプリート

サジェスト(オートコンプリート)には、利用者が入力する頻度が多いワードが表示されますので、メインとするキーワードとサブとなるキーワードの組み合わせを調べる際に利用できます。

つづきは、のちほど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です